So-net無料ブログ作成
検索選択

いのちのバトン 薬はみんなで作るもの パートV [イベント情報]

〜がん臨床試験 治験について 患者、市民の視点で考える〜

 ー市民の声を創薬、社会報償制度に活かすー

日時:2013年11月16日(土)13時〜17時
場所:全社連研修センター 本館 地下会議室
    (JR品川駅下車 高輪口(西口)より徒歩5分

内容:
 第1部 基調講演
   伊藤 雅治氏(社会法人全国社会保険協会連合会 理事長)
   藤原 康弘医師(国立がん研究センター中央病院企画戦略局長
                   乳腺、腫瘍内科科長)
 第2部 がん臨床試験、治験ひついて現場の立場から
   コーディネーター:埴岡 健一氏(日本医療政策機構理事
                    がん瀬尾作情報センター長)
   小島 修一氏(TBS報道局解説委員 精巣がん体験者
   岩瀬 哲医師(東京大学医科学研究所附属病院 緩和医療科 部長)
   広橋 朋子 (ファイザー株式会社オンコロジー領域部 部長)
   渡邊 清高医師(国立がん研究センターがん対策情報センター 消化器内科医)
   内田 絵子 (NPO法人ブーゲンビリア理事長 乳がん体験者)
 第3部 パネルディスカッション
   コーディネーター:埴岡 健一氏(日本医療政策機構理事
                    がん政策情報センター長)
   岩瀬 哲医師(東京大学医科学研究所附属病院 緩和医療科 部長)
   伊藤 雅治氏(社会法人全国社会保険協会連合会 理事長)
   内田 絵子 (NPO法人ブーゲンビリア理事長 乳がん体験者)
   小島 修一氏(TBS報道局解説委員 精巣がん体験者
   藤原 康弘医師(国立がん研究センター中央病院企画戦略局長
                   乳腺、腫瘍内科科長)
   広橋 朋子 (ファイザー株式会社オンコロジー領域部 部長)
   渡邊 清高医師(国立がん研究センターがん対策情報センター 消化器内科医)
主催:NPO法人ブーゲンビリア
お問い合わせ先:090-6495-5856 内田 絵子

   


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
     

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。